日々是好日

備忘用読書メモ。主に感想・学んだことなどを記載

すべての疲労は脳が原因

 ☆3

すべての疲労は脳が原因 (集英社新書)

すべての疲労は脳が原因 (集英社新書)

 

 ここ2ヶ月連続で月の残業が70時間後半。世間的に見たらそんなに多くないけど、うちの会社では多い方で、ぬるま湯に慣れていた自分にはこたえる。それに加え、飲み会も続いたりして、疲労がたまり平日はもとより休日も本も読めないし、ランニングも満足にできないという生活が続いていたため、最近の一大テーマは疲労回復。

そのテーマでタイトルに惹かれ面白そうだったので、読んでみる。

 

結果はイマイチ期待はずれ。世に流れている疲労回復の諸説は全然科学的根拠がなくて本当は脳の疲れがすべての原因なんです。というところは、ふんふんって感じで面白かったけど、ではその対策はとなるとイマイチ。

イミダペプチドという鳥の胸肉に多く入っている物質を取ればいいらしいが、イミダペプチドのサプリの評価をアマゾンでみると、効かないというレビューも多く。なんだかなぁというかんじ。

端的にいうと疲労は脳に過剰の負荷をかけ続けたせいなので、疲労しないためには脳の処理能力をあげればいいという策が思いつくが、その方法は著者によると大きく三つ。

1、ものごとを多面的にみる習慣をつける

2、多くの人と会話してコミュニケーションを交わす

3、世の中のいろいろな事象に興味を持ち多趣味になる

これまたなんだかなぁというかんじ。

毎日15分以上人と雑談するとか、3コ以上趣味を持って週30分ずつ費やすとか、もっと具体的にやることをビシッといってくれないとやる気がしないな。。