日々是好日

備忘用読書メモ。主に感想・学んだことなどを記載

反応しない練習

☆5 

 友達にオススメされたからよんでみる。

 

結果、とても面白かったし、学んだことをすぐに実践したいとおもった。

t

著者は、生活に追われていて心に余裕がない、将来が不安、不運なことが重なって落ち込んでいる。とか日頃通常の人が抱える悩みは心が無駄に反応しているから発生しており、無駄な反応を止めることで悩みが解決すると主張する。

 

反応をしない方法として、①心の反応をみる②合理的に考える。の2つの方法を進めている。本では合理的に考えるの方に多くの紙面を割いており、

・余計な判断をせずにとくに自己否定をしない。

・マイナスの感情で苦しまない。

・人の視線を気にせず自分らしく生きる。

・勝ち負けや優劣にこだわらない。

・心から納得の人生を目指す。

というテーマでそれぞれ1章ずつ主張を展開している。

総括すると、やってしまったことはかえられないから、それで失敗したとしてもくよくよ引きずらずに、いまから自分ができるベストをして、楽しくて心地よい人生を切り開いていこう。というよくある自己啓発の本と主張している内容は変わらない気がしたけど、なんとなく心にすんなり落ちてきた気がする(本読んだのが2週間くらい前のなので若干うる覚えだが。)

 

読みながらメモした記述は以下

・人は悩みに直面した時に、つい反応して「闘おう」としてしまいます。不愉快な相手、ままならない現実に真っ向から向き合って、反応して、なんとか変えてみせよう、打ち勝ってみせようと、もがき、あがきます。しかし戦って勝てることは人生にはほとんどありません。あなたがどんなに強くなってもままならない現実はいつもそばにあり続けます。なので、戦うではなく無駄な反応をしないというのが合理的な考え方です。

 

・心とはそもそも求め続け、乾き続けるもの。そういった心の特性と、自分がいま何に乾いているのか(承認欲なのか食欲なのかなど)をしっかり理解することが第一歩。

 

・心の状態を理解するには、言葉で表す。体の感覚に焦点を当てる。頭の中の考えていることを分類する(貧欲、怒り、妄想の3つに)という手法が有効

 

 

・体の感覚に焦点をあてるのは、今流行りのマインドフルネス。歩いているときに右足の裏、左足の裏と足裏の感覚を感じたり、呼吸するときに鼻を抜ける空気の感覚やお腹の膨らみなどを意識する。悩みはいつも心の内側にある。なので悩みから抜けるには心の外側に意識を向けるのがベスト。

 

・自分を否定すると、承認を欲が満たされなくなり怒りが生まれます。その状態を解消したくて攻撃か逃避を選択します。けど、そういうことはよくないと思い矯正しようとします。その矯正の中にも自己否定が含まれているので悪循環が続きます。

自己否定は悪循環がに落ち込んでしまうので、否定したくなったらそこで心の内側のことは考えるのを止める外側の感覚に集中する。あとは、世の中広く自分のしたまずいことなんて大したことないし、世の中には自分を肯定してくれる人がいっぱいいると考える。最後は、私は私を肯定すると言葉に出す。

 

・自分はまだまだと感じている人はたくさんいると思いますが、そのまだまだというのは必要のない判断、妄想です。そういう思いに反応しないでただいまなすべきこと、今できることをやっていく・やってみることの方が大切なのです。私は私を肯定する。そして今できることをやっていこう、と考えましょう

 

・自分が快を感じる限り、欲求も大切にしていい。ただし、欲が大きくなりすぎて焦りとか不安になったら、その欲求は手放さないといけない。

 

・仕事でも私生活でも何か新しいことを始めたら改善するという発想を持つことをお勧めします。改善とは仏教的にいうと快を感じられる工夫をするということになる。正しい努力とは人に認められるとか成果をあげるとか外部のものを目標にするのではなく、集中力や充実感といった心の”快”を大切にして、作業を続けることです。

 

・正しい努力とはいわば外の世界を忘れて自分の物事に集中してそのプロセスに自ら納得できることです。これが最終的には成果を運んでくれるのです。

そのためには外の世界を気にしすぎず目を閉じること、無駄な反応をリセットすること、目を開いたら目の前の作業に一心で取り組むこと

 

・人間関係を丸く収める4つの心がけ

①慈しみの心:相手の幸せを願う

②悲しみの心:相手の悲しみ苦しみをそのまま理解する

③喜の心:相手の喜び、楽しさをそのまま理解する

④捨の心:手放す心、反応しない心

 

 

・正しい努力ー5つの妨げ=人生

5つの妨げとは、快楽に流される心、怒り、やる気の出ない心、そわそわと落ち着かない心、自分の将来への疑い

妨げへの対処法は、反応に逃げない。快を探す。反応に逃げないとはちょっとした隙にtvをつけるとかネットをするという反応を止めることも含む。そういうことをすると大事な物事に心を向けられる時間が減ってしまうので。

 

・人生は常にここからスタート

 

・目指すゴールは最高の納得