日々是好日

備忘用読書メモ。主に感想・学んだことなどを記載

速さは全てを解決する

 ☆3

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

速さは全てを解決する---『ゼロ秒思考』の仕事術

 

ゼロ秒思考が面白かったので、著者の他の本も読んでみた。

結果、ゼロ秒思考ほどは面白くなかった。

 

本書は、タイトルは速さは全てを解決する。だが、なぜそうなのかという説明はあまりなく、著者が仕事を速くする上で工夫している点がいくつか紹介されているものだった。

 

速さは全てを解決するという考えの根拠を強いて言えば、

日本は上司が部下に仕事を振るのがすごく下手。上司がよく考えていない、アウトプットが分かっていないから、曖昧な指示しか出せずに結果、自分の考えていたものと違うものが出てきて部下にやり直しをさせるということが多発している。それが日本のホワイトカラーの生産性が低い大きな要因の一つ。

上司の仕事の振り方を改めさせるのはむずかしいので、防衛策として荒くてもいいから速く仕事をして早めに上司に確認しながら進めましょう。そのためにも速さは重要というものだった。

まぁその辺は、わざわざ本で言われなくても。。。ってかんじ。

 

あと速さを出すためには、ツボを押さえるとか全体像を押さえるとか丁寧にやりすぎないとか、そりゃそうだよね。という記述が多かったが、では具体的にツボを押さえるとはどういうことで、どうやればそれを効率的に速くできるかについてもあんまり記述がなかった気がする。

 

そんな中でも使えそう、心がけようと思ったことは

・議論になったら、常に2軸、3軸のフレームワークを使う。

 

・単語登録をして、おつと打つだけで、おつかれさまです。○○です。と入力されるようにする。

 

・過去のメールや資料で引用できそうなものは、再利用フォルダに入れておいてフォーマットだけでもいいから積極的に再利用する。

 

・PPTを作るときは、0秒思考の要領でメモを作り頭の中の考えを全て書き出してからそれを整理していくと速く作れる

 

・言いにくいことがあっても、遠慮せずに、考えすぎずにいう。言わないとあとで問題が発覚して余計に手間がかかったり、心に引っかかっていて集中できずにパフォーマンスが落ちてしまう。

 

・相手の言い分がわからない場合、丁寧にしつこく質問して理解する。

その際、好意と尊敬を持って質問しないといけない。説明のわかりにくい変な人だとか、上から目線で質問するとすぐに相手に気がつかれて、感情面などでいらぬしこりを残し余計に時間がかかる。

 

・会議はすべて時間を半分にできる。なぜなら会議は、だらだらと発言する人や、論点をずらして発言する人がかならずいるが、時間が限られていると意識するとそういう人が少なくなるから。

 

・5分、10分の会議はなど、30分単位でなく短い時間の会議も設定する。

 

・会議や人前で発言したいときは、言いたいことの要点を事前にメモ書きして手元に置いておくと無駄に慌てたり、喋りすぎたりしないで済む。

 

・人より半歩でもいいから先を行くことを意識する。会議を設定するなど非常に小さいことでもいい。先にいるということが余裕を生み、それが好循環につながる。

 

・時間の許す限り、その日にやらなくて良いこともその日にやっておく。

 

また著者曰く、あるテーマについて週1、2回、半年ほど=計30ー60回ほどブログを書くと、そのテーマについて講演や執筆の依頼が来るらしい。どこまで本当なのかは置いておいたとしても、自分が全く素人のテーマにでもそうやって勉強を続ければ、ある程度は語れるようになるようで、実際に著者はそういうことをやっているらしい。新しいことでも怖がらずに色々な勉強するのは大切だし、見習いたいと思った。