日々是好日

備忘用読書メモ。主に感想・学んだことなどを記載

勝ち続ける意志力

 ☆5

なんかのブログで絶賛されていたので読んでみる。

 

結果、すごく面白かったし勉強になった。

1981年生まれで日本人初のプロゲーマー。98年に17歳で世界一になって、その後も(一旦はゲームを離れたが)勝ち続け、2010年には、世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマーとしてギネスに認定される。

その著者が、勝ち続ける秘密や、生い立ちから現在に至るまで考えていたこと、大切にしていることを記載してるのがこの本である。

 

著者が曰く、一定期間勝つのは比較的簡単だけど、長期間勝ちつづけるゲーマーはほとんどいないらしい。著者は主にスト2をやっているっぽいが、3、4年で新シリーズがでてこれまでの経験が使えなくなるのも勝ち続けるのが難しい一因らしい。

 

勝ち続けるというかプロゲーマーとして著者が大切にしている点は以下

・常に変化する。→得意の勝ちパターンをすてていかに勝つかを追求する

・いい手法はすぐに真似されてはやる世界で常に勝ちつづけさせてくれるものは何か。

→新しい戦術を生み出す努力であり、発見に必要なノウハウ。

大体の人は自分が苦労して生み出した一つの戦術に固執してしまうのでそのうち勝てなくなる。

・メンタルバランスをキープする

→勝って天狗にならず、負けて卑屈にならず。刹那的な結果に左右されず、勝つための努力を続ける。

・安易な道、裏技は使わない

→安易な道を使うと10までにしかたどり着かない。自分は10に常に勝てるように11、12、13の力をつけることを目指していて、そのためには地道な研鑽を重ねるしかない。

 ・楽な道はない

→人よりも強くなりたかったら人一倍練習しないといけない。

 楽して安易な道で起きな何かをつかむことはできない。

梅原大吾の最大の武器は何か

→どれだけ殴られても諦めずに起き上がって戦うところ。

・やることはすべてやる

→コーチもない中で自分で 、どうすれば自分は今以上に強くなれるか、できることをかたっぱしから試していって、うまくいくやつだけを取り入れるというやり方をしている。迷路で言えば、右の壁に沿って歩きつづけてゴールにたどり着くようなもの。

・精神的プレッシャーをかけて相手に勝とうとしない。

相手を弱くすることより自分を強くする努力をしているので、勝負の時は正々堂々と姑息なことをせずに戦う。

・変化なくして成長なし

→どんな小さいことでも1日一つの変えてみる。帰り道の方法であったり、定食のメニューであったり。小さいことを抵抗なく変えるくせをつけることで、大きな習慣も変えやすくなる。

・考え抜く

→考えることをやめなければいつかは出口までたどり着く、けどこれができない人が多い。勝てない人は飛んでる鳥を見たときに鳥は飛べるんだ。でそれ以上考えない。なぜ飛べるんだ?翼はどういう働きをしているんだ?など考えて間違えでもいいから自分なりの答えにたどり着くことが重要

・人の目を気にしない

人の目を気にしていたら、うまくいかず諦めてしまう時が来る。「あいつあんなにやってるのにまだ結果にがでないよ」という人は必ずいるから。

諦めなければ結果が出るとはいいきれないが、諦めずにつづけていれば人の目が気にならなく日が来るのは確か。そして人の目が気にならない世界で生きることは本当に楽しい

・最も競争が熾烈なゲームを選ぶ。

自分は勝つための、勝ってちやほやされるためにゲームをしているのではなく、自分を成長させるためにゲームをしている。流行っているゲームは競争が熾烈でライバルが強いので挑戦のしがいがある

 

などなど、いいなと思った文言を書いて言ったらきりがないので、この辺で引用は終了。

結局は、貪欲に自分の成長を求め続けることが重要で

そのためには常に努力すること(けど、その努力は受験勉強のように1年はできるけど長期間はできないというのはダメで、すくなくとも10年はできる努力の量にすること)や

常に過去の成功を捨てて自分を変化させていくこと

目の前のことを精一杯がんばること

などが重要ということを言っているんだと思った。

 

ちなみにこの方、一時ゲームを離れた麻雀の世界に3年ほどどっぷりハマってトッププロ級の腕前になったそうだが、麻雀は積極的に戦える人間が結局は結果を出すらしい。忘れないようにしよう。