日々是好日

備忘用読書メモ。主に感想・学んだことなどを記載

伝え方が9割

 ☆4

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 どこかのブログでおすすめされていたから読んでみる。

 

結果、かなり面白かったし、言葉の使い方や物事の伝え方はこれまであまり工夫していなかったから工夫しようと思った。

 

著者はコピーライターで、コピーライターが素晴らしい文言を考えるには一定の法則、ルールがあり、それを使えばだれでも人の感情に響いて人が動いてくれる物事の言い方ができると主張。本の中では、そのルールや法則を紹介してくれている。

技術として具体的には、①ノーをイエスに変える技術と②人を動かす強い言葉を作る技術が紹介されている。

 

①は、実際に言っている内容は同じでも言い方次第で、相手が動いてくれるの可能性が変わるというもの。例示されている言い方も確かに。と思えるのが多かった。

×芝生に入らないでください。

○芝生に入ると農薬の匂いがつきます。

 

×(飛行機で)後方のお客様、前のお客様が出られるまで、お席でお待ちください。

○後方のお客様、お時間がかかってしまうので、ごゆっくりお支度してください。

 

 ともに主張している内容は同じだが、後者の方が素直に聞く人が多い。

 

②は、ネットが始まり一昔前に比べ人が目にする文字の量が500倍くらいに増えたこともあり、普通の言葉では相手の心にとどかない。相手に動いてもらうには強い言葉が必要というのが著者の主張。人は論理ではなく感情で動く面が多いので、そこから考えても言葉が重要。

 

強い言葉と具体的には、

×京都へ行こう

○そうだ、 京都へ行こう

 

×事件は現場で起きている。

○事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ。

 

思いつきではなく、こういう言葉を生み出せるルール、技術を会得しているのがプロのコピーライターであり、その方法が記載されていて面白かった。

 

ただ、結構シンプルなルールで本当にこれだけで効果あるのか疑問なので、☆5ではなく4。

続編があるみたいなので、そこにはもっと高度な技術が紹介されているのかも。

 

本としては著者の伝えたいことが、なぜそれが重要なのかも含め、非常にわかりやすく書かれており、伝えたいエッセンス(ルールのまとめ)も切り取って持ち運べるように付録が付いており、とてもユーザーフレンドリーな本だと思った。

 

最後に、つよいことばを作る技術の一つであるギャップ法を多用し、著者がもっとも感動した文章が紹介されていていい文章だったので備忘のために引用。

 

<この時代に生きる 私たちの矛盾>

 

ビルは高くなったが 人の気は短くなり

高速道路は広くなったが 視野は狭くなり

お金は使っているが 得るものは少なく

たくさんものを買っているが 楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 家族は小さくなり

より便利になったが 時間は前より少ない

たくさんの学位をもっても センスはなく

知識は増えたが 決断することは少ない

専門家は大勢いるが 問題は増えている

薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく

猛スピードで運転し、すぐ怒り夜更かししすぎて 起きた時は疲れている

読むことは稀で、テレビは長くみるが 祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

 

生計の立て方は学んだが 人生を学んではいない

長生きするのようになったが 長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなし得たが より良いことはなし得ていない

空気を浄化し 魂を汚し

原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 待つことは覚えず

計画は増えたが 成し遂げられていない

たくさん書いているが 学びはせず

情報を手に入れ多くのコンピューターを用意しているのに コミュニケーションはどんどん減っている

体は大きいが 人格は小さく

利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われているのに 家族の争いは絶えず

レジャーは増えても 楽しみは少なく

たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない

夫婦で稼いでも 離婚も増え

家はよくなったが 家庭は壊れている

 

忘れないでほしい すぐそばにいる人を抱きしめることを

あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 1円もかからない

忘れないでほしい あなたのパートナーや愛するものに「愛している」ということを 心を込めて

 

あなたの心からのキスと法要は傷を癒してくれるだろう

忘れないでほしい もう会えないかもしれない人の手を握り その時間を慈しむことを

愛し

話し

あなたの心の中にあるかけがえのない思いを分かち合おう

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない

どれだけ心の震える瞬間があるかだ

 

by George Carlin

知的生産の技術

☆3 

知的生産の技術 (岩波新書)

知的生産の技術 (岩波新書)

 

 野口先生の超整理術でおすすめされていて読んでみる。あと最近、弁護士、会計士にならない文系の企業での付加価値ってなんだろうと考えることもあり、そのヒントを得るためにも読んでみる。

 

結果、期待はずれだったという印象。

 

知的生産とは、頭を働かせて、何か新しい事柄および情報を人にわかる形で提供すること。つまり情報に人間の知的情報処理力を作用させて新しい情報を作り出すこと と著者は定義する。

それをうまくやるための普遍的な技術とはなんなんだ?と期待して読んで見たものの、結局は知的生産技術には王道がなく、常に考え続けるのが重要とのこと。

そのためのサポート方法として、京大式カードの活用をおすすめしている。ノートに書いた知恵は死蔵してしまうが、カードは気軽に繰り返し見れるので、常に活用できるし、カードをきって(順番を入れ替えて)みてみることで、得た知恵が新しい形でつながりを生んで、素晴らしい発想が生まれることがある。らしい。

 

これだけ聞くと面白そうだけど、著者がいうには、著者のやり方を真似てカードを使い始める人で効果がなかったという人もいるがその人たちは継続が足らなかったとのこと。1万枚くらい一気に買って使い切る気持ちでやらないと。

と言われれるとハードル高すぎてなかなかできない。

 

昔に出版されていまもまだ絶版になってない本は面白いのが多い印象だけど、この本はあんまりだった。

 

参考になったのは著者の本の読み方。

必ず完読。しかもテンポよくよむ。1回目は面白いと思った箇所、論理の展開上重要と思った箇所に線を引く。読了後は机にしばらく(3日から数週間)本を置いておいて、時間ができたときに線を引いた箇所を拾い読みして、ノートを書いていくというもの。要は2回読んでいるわけで、そのほうが内容が自分に定着すると著者は感じていたらしい。

 

 

人を動かす質問力

☆5

人を動かす質問力 (角川oneテーマ21 C 171)

人を動かす質問力 (角川oneテーマ21 C 171)

 

 書評ブログの上位にランクインされていたので読んでみる。

 

結果、学ぶことが非常に多くて面白い本だった。

 

質問は相手にそのことを考えさせ、答えさせる強制力があるので、それをうまくつかえば

1.思いのままに情報を得れる

2.人に好かれる

3.人をその気にさせる

4.人を育てる

5.議論に強くなる

6.自分をコントロールする

の6つができるようになると著者は主張する。

 

1、2は、ふーん。という感じだったけど、3以降が面白かった。

ポイントは相手の価値観を否定せずに、どうすれば相手が望む結果が得れるかを一緒に考えて、相手に結論を出させる。そのために質問を投げかけるというもの。

具体例として本には、将来は社長になりたい。社長には勉強せずになれたと言っている人の本を読んだ。だから自分はいま勉強したくない。と主張する子供をうまく説得(というか言いくるめる?)をしている例が記載してあった。実際にそんなうまくいくかはなぞだけど、考え方は面白いと思った。

また、自分から見てできないなと思える部下がいるときも、”なんで言ったのにできないんだ”と言ってもしょうがない。→できない理由を探す方に思考力を向けてしまうから。そうではなく、どうしたらできるようになる?できるようになるために手伝えるようなことあるかな?という質問を投げかけた方が、ずっと有益。

何度注意しても机が汚いままの部下に、こういう質問を投げかけて机をきれいにさせるようにした。という例も面白かった。ポイントは

1.相手の過去の行動を正当化する

2.過去の行動とは関係ない理由によって行動の変更を迫る質問をする

3.相手が行動を変更したら、それを賞賛し、今後も継続するように期待をかけること

 

重要なのは2で、パッと見汚くても、自分では何がどこにあるかわかるからいい と主張する部下に対し、それは非常にわかるしそのままでいいと思うけど、君が休みのときに欲しい書類を見つけられなくて困ったからだれにでもわかるように机を整理してくれないか

といって、整理を促したらしい。

 

3.4.6は上記のようなポイントで質問をうまく使って人なり自分なりを動かすというものだが、5は少し毛色が違った。

 

議論は、どちらかが論理矛盾になるか、何も言えなくなったら勝ち負けが決まる。と考えると、自説を述べずにただ相手の論理の欠点を見つけるために質問するのが一番強いはず。実際に、ソクラテスは質問を続けることで議論に負けなかった。なので、議論には質問が重要と著者は主張する。

その中で、

①反論があった場合相手の価値観を揺さぶる質問

そもそも流議論術

③立証責任

をうまくつかうと非常に効果的。

とくに②、③が面白かった。②は、そもそもで大前提を打ち出し、ところでで判断基準を打ち出す、だとするならばで当てはめを行うというもの。

 具体的には、

A「そもそもこの会社は人間を皆平等に扱いますか?」

B「はい」

A「ところで、女性も男性も同じ人間ですよね?」

B「はい」

A「だとするならば、同じ人間である男性も女性も同じくお茶出しをやらせるべきではないでしょうか」

というように論を進める。

③は立証責任を持たないようにしようというもの。具体的には、任意の税務調査で納税者には金庫を開ける義務はないので、開けるために以下のように話を進めるらしい。

A「ちょっと金庫内をみせてもらえますか?」

B「それはこまります」

A「なぜですか?見られて困るものが入っているんですか?」

B「いいえ」

A「では、みせていいですよね?何も入ってないってことを証明して気持ちよく調査を続けましょう」

これは立証責任をBに持たせているもので、断るためには立証責任をAに戻さなければならない。具体的には以下
A「ちょっと金庫内をみせてもらえますか?」

B「なぜですか?」

A「調査に関係ある資料があるか確認するためです」

B「なぜ金庫内にそのような書類があると判断したんですか?」

A「一般的に金庫内にはそのような書類が多いです」

B「一般論で言われても困ります。私が提出した書類のどこから考えて、どのような書類が金庫内にあると判断したのでしょうか?」

A「それは答えられません。」

B「それでもわたしは金庫を開けなければいけない法律上の義務がありますか?」

A「いいえ。」

 実際はこんなにうまくいかないと思うけど、立証責任って考えは知らなかったし勉強になりました。

 

このような感じで、いい質問の例と悪い質問の例が多く載っていて勉強になったので、買って適宜読み返したい。

 

たった1%の仕事のコツ

 ☆3

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

99%の人がしていないたった1%の仕事のコツ

 

 自分が読んでいて書評ブログの上位にランクインされていたので読んでみる。

 

学ぶことはあったけど、普通のhow to 本でそんないうほどかな。という印象

 

◯面白かった点

 

・メールには自信が重要

①まだ不十分ですが。②結構まとまっていると思います。

という2つの書き出しで、それ以外は全く同じメールを送ったところ、

②は"いいね!"とか"もっとこうしたら"などポジティブな反応ばかりだったが、

①は"ここがだめ"とか"もっと考えたら"というネガティブな反応ばかり。

自信満々に振舞うことでフォローウィンドを得れるので、下手に卑屈になるのはよくない。

 

・上司へ報告する際は、趣旨、選択肢、判断のポイントを伝える。

 

・定例会議は所要時間、参加人数、開催頻度を半分にできないか考える。全部半分にできたら総労力は1/8になる

 

・会議は目的(実現すること)とゴール(実現できたと判断する基準)を明確に。

<例>目的:最新の売り上げ状況を確認し、目標達成のための必要な対策を取る

ゴール:①先週末の売り上げ(vs目標達成)②未達の場合、問題と対策③次週までの行動計画

 

・会議は、かならず最後にアクションを確認する。

 

・メールの件名は内容がわかるように。△△についてというのはやめる

×△△会議について

◯資料請求:△△会議

 

・メールは見た瞬間に返信する

 

・まずは相手の名前を覚えることでコミュニケーションはうまくいく

 

・摩擦を恐れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料

 

・チーム発展は4つのステップを踏む

①ハネムーン。この人たちはなんて素晴らしいんだ

②hostility。アラが見えてくる=むかつく!

③Humor。このなることも含めて笑いに変えられる。=もう、しょうがないなぁ

④home。お互いに歩み寄り、それが普通になる。

 

・”あいつ使えない”は、私にはあの人を使う能力がないということ。”あいつ”を指差した手の指の3本は自分を向いている

 

仮説思考

 ☆3

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

 

いい仮説の立て方を知るために読む。

 

本の中身は、半分くらいは仮説思考がいかに重要か、役立つかということを事例を交えて 書いてあり、お目当のいい仮説の立て方はあまりなかった。

 

◯面白かった点

 

・内田さんの仕事のすすめかた。

分析のための情報が揃わない段階で(だいたい2割くらいしか情報がない)直感で、”現状分析をさらに進めると、こんな分析結果が得られるはず、その中でも問題の真因はこれで、その対策としていくつかの手が考えられる。なかでも最も効果的なのはこれ”という仮説を立てて、それに沿うデータを集める という形で仕事を進める。

3、4ヶ月で結果を求められるPJTでは2週間くらいで上記仮説を立てるイメージ。

仮説にそうデータが揃わない場合、仮説を修正するが、経験を積めば積むほど直感の仮説があっている。

 

・仮説思考のメリット

問題解決のスピードが速くなる、先見性、決断力が身につく。

仮説を立てずに情報分析をすると情報の洪水に溺れてしまい、大局観が見えずストーリーラインが作れなくなってしまう。

世界的な免疫学者石坂公成先生は、恩師に実験する前に論文を書けといわれ、最初はえーっと思ったがやってみるとメリットが多くて驚いた。実際にノーベル賞を取る学者でもそうしている先生もいるとのこと。結論を出すために必要な実験をもれなくやれるので無駄がなく、仮に実験結果が思い通りでなかった場合も実験は無駄ではない。

 

 

・仮説を思いつくタイミングは、以下の順

①同僚と議論中

②インタビューやフィールドワークをまとめているとき

③データを分析しているとき(だいたい2割)

 

・インタビュー時のメモを取る際に気をつけるポイント

 -現象、原因、解決策、その他、というようにインタビュイーの発言を構造化する

 -自分の意見と相手が述べたことは区別する

 -定量化を心がける。(最近シェアがのびました→何%から何%?)

 

・仮説を考えるポイント

 -反対側(顧客、消費者、現場、競合)の視点を入れる

 -両極端にふって考える

 -タブーなく、ゼロベースで考える

 

・良い仮説とは以下の2点を満たしている

 -掘り下げられている

 -アクションに結びつく

具体的には

×営業マンの効率が悪い、できない営業マンが多い、若手営業マンが十分な教育を受けていない

◯営業マンがデスクワークに忙殺されていて、取引先に出向く時間がない

営業マンが同士の情報交換が不十分で、できる営業マンのノウハウがシェアされていない。

営業所長がプレイングマネージャーのための、自分自身の営業活動に忙しく、若手の指導や同行セールスができていない。

 

・いい仮説を立てるための直感の鍛え方。

ニュースや日々の出来事について、So what?(だからなに?)、Why?を常に考える。

 

・最後に

仮説思考はいいことが一杯なので、結論から考えるのが気持ち悪くてもやってなれましょう。仮説は外してもいいので、失敗を恐れずに仮説を積極的に立てよう。

"平凡から抜け出すためには、失敗してみるしかない"(ボビーバレンタイン)

 

「超」整理法

☆3 

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

 

書類の整理方法を知りたくて読む

 

記載してある整理法を試していないので効果は評価できないが、整理法自体は目から鱗だった。

 

具体的に著者がおすすめする整理法は押し出しファイリングという名のもので特徴はファイルを分類せずに、時系列にファイリングしていくというもの。

 

分類をすると、複数の分類にまたがりどの分類に入れたらいいかわからない書類のや入れた後にどこに入れたかわからない書類などができて、必ずうまくいかないと著者は説く。

そもそも、目的は検索で分類に、整理は手段なのに、分類はやりだすとめちゃめちゃ工数かかるけど、上記のような問題が必ず起きて完璧にはできない。という骨折り損のくたびれ儲け的なものらしい。

 

ではどうするの?

 

・5〜20枚程度のおなじタイトルがつけられそうな書類の組み合わせを1つの封筒(ファイル)に入れる。その封筒には、日付と内容、できれば識別カラーを書く。

・上記方法でファイルを作り、新しく入手した、あるいは取り出して使ったファイルを一番左に保存する。

・使わないファイルが右の方に来るので、適宜それを捨てる(数ヶ月に1度しか使わないけど、大事なファイルは残しておく)。

・上記方法で残した大事なふぁいるは神様ファイル(捨てるプロセスを何度もくぐり抜けてきたのでそう呼ぶ)として、右端に残しておく。

 

おおまかには以上が、押し出しファイリング

 

分類方法の欠点は同意するが、時間軸検索で本当にうまくいくのかちょっと不安。

ただ、著者がこのやり方を紹介した人は8割は成功しているらしいし、思っている以上に時系列にで人間は出来事を覚えているのでうまくいくはず。とのこと。

 

面白そうなので一回試してみよう。

どのファイルを捨てるべきかという判断基準ももう少し明確に書いてもらいたかった。

本を読む本

☆3 

本を読む本 (講談社学術文庫)

本を読む本 (講談社学術文庫)

 

 

ブログを始めて思うのは、効率的なメモを取りながら本を読むのはなかなか難しいということ。何か良い方法はないかと思って、古典だがオススメされていたこの本を読む。

 

結果、メモの取り方はあまり記載がないが本の読み方については、かなり具体的な方法論まで記載してあり勉強になった。

 

簡潔に内容をまとめると以下の通り

 

読書が成功するか否かは読み手が書き手の伝えようと思っている内容をどこまで理解できるか次第。

そういった観点で、読書の成功を定義すると読書には積極性が必要。

積極性とは読みながら以下の点を書き手に質問し、その質問を自分で本の中から見つけ出して来ること。

①全体として何に関する本か

②何がどのように詳しく述べられているか

③本は全体として真実か、あるいは部分のみが真実か

④本が情報を与えてくれたとしたら、なぜ著者はその情報を与えようと思ったのか

 

それをやるために、読み方を4つのレベル(初級、点検、分析、比較)にわけていて、それぞれどういうことをやるべきかということを書いてある。

ただ、読み方は説明してくれるが、最後の方に世の中の99%の本は、単に情報を与えるだけのものなので、拾い読み(レベル2)で十分。再読が必要で本当にレベル3に値する本は100冊くらいしかない。と著者は主張する。となるとレベル4(比較読み)が必要な本は何冊になるのだろう。。

というわけで、分析読書の方法以降はあまりしっかり読まなかった。

 

その中で真似をしようと思ったのは以下の技術

・速読方法

前提としてレベル2の点検読みは、精読するのではなく著者の主張を大まかに掴むために行う。そのためには速読の方がよいらしい。普通の人は1行読むのに、目が2、3回とまってしまうらしいが、ボールペンで読むところをさしながら読んでいくと目が止まらずに読めるので若干早く読める。またこれは集中力を増す効果もある。

→試してみたら実際に集中して読めて、速度も上がった気がしたので今後も継続してやってみる。

 

・拾い読み(点検読み)の方法

目次、前書き、後書き、章ごとの最終ページをまず読む

そして、何を言おうとしている本なのか、いうためにどういう論理展開をしているのか

を掴む。できればそれを自分の言葉で2、3行で述べる。難しければ最初は章ごとに何を言おうとしているのか抑える。

要は、頭から最後まで読もうとせずに、本から情報(著者の主張)を効率よく抜き出して来ましょう。ということ。

 

著者の言う通り、大半の本はこれで事足りるのかも。最近読みたい本がたまってきたので、試しとして今後何冊かは拾い読みだけでこの書評を書こうと思った。